上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月ももうすぐ終わり、秋の雰囲気満載の散歩風景で、毎日楽しくトビ男君と歩き回っております。

sannpoo


そんなトビ男君ですが、最近同居人(あ、猫か)が出来た。

こういうお方。

nynesa

次男ケンとアニマルレスキュー団体のイベントに何度も参加し、ワン公ではなくにゃん公ちゃんをお迎え。

猫がやってきて環境が幾らかは変わるわけなので、トビ男君の体調を注意しながら観察中。

環境が変わることで発作が起こる可能性もあるわけだし、まだまだ安心は出来ない。


とはいえ、今の所そんなに接触機会はないお二方。

新入り猫Jazは、日中大体ケンの部屋がある2階にいて、気が向くと1階に降りてくるくらい。

まだまだ何もかもが怖いのか、警戒心一杯。

nyanda4


nyann


反対にトビ男くんはひんやりした地下部屋が好きなので、大体そこで過ごして、ご飯やおやつ、散歩の時に上がってくるくらい(上がって来る時のこの写真は、最近のものが見つからないので過去に撮ったもの。まだ両目がある!)。

noboru

夜は結構どちらも1階で過ごす。


まったく興味なしのトビやんに対して、



nyanda2


見たこともない大きな生き物に警戒心一杯のジャズ。

でもトビ男が穏やか過ぎるので、特に問題もなし。

nyanda3

最初の夜、一回だけ、置いていた猫のご飯をトビ男が見つけて食べようとした(のかな? 匂い嗅ごうとしただけかも?)時、”シャー!!!!” とされて、びっくりしたトビ男が2階のケージまで逃げた時があったけど。


保護団体から名付けられた名前は ”Jazzy” なので、一応ジャジーと呼ぶ時もあるけれど、大体皆ジャズと呼んでいる。

Jazzyって男の子の名前なんだって。

保護されて担当した一時預かりボランティアさんはすっかり男の子と勘違いしたらしく、予防接種等の際にも病院で男の子の名前を適当につけたんだとか。

「病院から女の子ですと言われてびっくりしたわ~」 と笑っていたけれど、オイオイ。

hime



少しずつ、距離を縮めて行くんだよ。

nyanda


発作が起きないか、トビ男君を観察しながらも、来週はとうとう年に一度のチェックアップに行かないといけない(汗)。

本当は行きたくないけれど、3ケ月に一度貰いに行く薬がなくなるので、仕方なく。

年一度のチェックアップしていないと、薬更新出来ないし。

左は、2ケ月に1度COSTCO薬局部門で買う、ゾ二サマイド。

右が今回更新してもらわないとけいない、臭化カリウム。

一日一回、2.5MLしか飲まないので、全然なくならない。本当は3ケ月以上持つ。

kaidannyan



以前はフェノバール、なんとかいう甲状腺の薬(名前忘れた、てんかんの犬には良く処方されるらしいけれど、高いし効果ないし。)も飲んでいたけれど、過去の話。

色々新薬が出るたびに勧められたけれど、結局断って正解だった。

「この薬には副作用がないのよ。」なんて医者から言われても、今まで散々副作用で苦しめられたから、信じられない。

副作用がない薬なんて、あるのかな? 

短期的にはなくても長期的服用は必ず肝臓・腎臓・膵臓のどこかに影響があると思うんだけれど。。。。。



今回はこの臭化カリウムを徐々に減らして、服用終了したいと相談するつもり。

この病気に完治はないから、治っているわけじゃないという事をいつも思い出す。

ちょっと体調が悪そうだと心配だし、ガタッと言う急な音も、家族の心臓に突き刺さる。

発作がないからといって、油断せずにがんばらないと。

しまっていこ~お~!






にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tobytoasobo.blog120.fc2.com/tb.php/311-3cabe108
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。