上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月まで氷点下の寒い気温が続いていたニュージャージーだけれど、そんなトビ男地方にも大急ぎで春と初夏が重なるようにやって来た。

散歩の度に、緑がどんどん増えて行って、癒される。

green2

朝晩はまだとても冷え込むので、大急ぎで咲いた桜も ”まだまだ季節的にもうちょっと咲いていて大丈夫だな” と思うのか、散らずにあちこちできれいな姿を保っている。

sakuranoshita

しかしながら自然の美しさに見とれている場合ではない。

野生動物と共存生活をする緑深きニュージャージー、冬の間どっかに行っていたワイルドターキーやスカンク、アライグマ等がゾロゾロ出て来たよ。

green

そして一番やっかいな鹿(年中居るけど)がダニを大量発生させる季節!

毎年トビ男もやられるけれど、まぁトビ男君はフロントラインするから良いとしても、問題は人間!

数年前帰宅直後ににトビ男が連れ帰ったダニーさんがこっちに襲い掛かってきて、その後病院にかかり注射後の最終検査で大丈夫と判明するまで、2ケ月不安な日々を過ごしたからな~

鹿が大威張りで歩き回るこの地域は、毎年たくさんの人間が鹿ダニにやられてLime Diseaseの脅威にさらされる。

高熱が続き、ちゃんと治療しないと死に至ることもあるような深刻な問題だから、散歩が怖いよ~!



安全かと思われる我が家の裏庭にでさえ、塀を飛び越えてやってくる鹿達。 しっしっ!


先週今週とすでに2匹のダニーさんを発見しちゃったよ。

一匹は家に戻る前に発見したから、払い落として踏み潰してやったわいな。


とにかく外から帰るたびにトビ男の体を念入りにチェックして、ダニーさんをお招きしないようにしなければ。


*********************

散歩から帰って、裏庭へのゲートを通って”かー様は来ないのお~?”と振り向くトビ男君。

konaino

「すぐ戻るから待っててよ~!」と言い残して家に入り、しばら~くして裏庭へ。

何も言わないと、独りで機嫌よく庭を歩き回ったり遊んだりしているのに、”待っててよ” という言いつけを守っているはずのお方。

いない。。。

empty


飼い主がゲートに戻ってくると信じて、言われたとおりにじ~~~~~~っと待っているトビ男君。

waitingmom


普段全然言うこと聞かないくせに、こういう事はちゃんと聞くんだよね~

ゲートをじ~~~~~っと見つめて待っているトビ男君の背中姿に、ほのぼの~♪となる飼い主であります。^m^

waiting







にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tobytoasobo.blog120.fc2.com/tb.php/264-0523ce73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。