上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手作りご飯を作るようになって、生の肉のみを与える派の存在を知った。

生肉を奨励している専門家って結構多いんだなぁ。
実践している人も結構多くて、知らなかったもんでちょっと驚き。


賛否両論だし、写真とか見てみるとあまりにオドロオドロしていて、匂いまでしてきそう。

確かに良いのかも知れないけど、犬というのはもはや野生動物じゃないし、長年ペットとして人間と一緒に生活(それも室内で)してきた存在の犬に与えるものとしての実感が沸かない。 ちょっと不自然な気がする。


でも少し気にはなる。


とりあえず、牛肉の外側だけサッと焼いて(それも細かく切ってるし)、“半分生・半分加熱”の中途半端ごはん。


COSTCOで大量に買いました牛肉・ケール・だしを取った後の煮干

半生デー

癲癇発作持ちの脳の働きを安定させるのに勧められている、オリーブオイルでサッとソテー。

肉類はいつもは蒸したり茹でたりが多いけど、発作持ちの犬には油が必要というので、時々意識的にオリーブオイルを使って焼くようにしている。

白米・ドライフードと混ぜて食べなされ♪

ソテーしているから匂いも格別良いらしく、トビ男君大喜び!



待ちなさいよ?

半生デー2


待ちなさいよ?


半生デー3

ご飯と目を合わせないようにして、“待て”が解除されるまで現実逃避のトビ男。



美味しかったね♪




朝の散歩後、家に戻ってきて裏庭で遊びたいトビ男。

“かーちゃんも来てくれ?”な目。


あそぼ



土曜日からZonisamide(ゾニサミド)の薬を飲み始めた。

トビ男にさっぱり効かない上に肝臓に負担がかかるPhenobarbital(フェノバビタール)を徐々に減らして行く為の代替薬として。

Potassium Bromide(臭化カリウム)は最初の副作用が凄すぎて、いまだに小型犬なみの量しか服用していない。
こちらを増やすと言う案も話し合ったけど、副作用があれだけ出て数週間も歩行すら困難になるほどひどかったので、とりあえず今回は見送り。

ドクターイリヤからZonisamideの事を言われた時はびっくりした。
アメリカでも使われていたんだ。

てんかんコントロールに使われる薬は世界中ほとんど同じで、100年近くも進歩していない。

Zonisamideは日本で開発された唯一のてんかん薬。アメリカではすごくマイナーで、入ってきていないのかと思っていた。


今のところ副作用は見られない。
トビ男君、元気一杯。良かった。。。



ラン





にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tobytoasobo.blog120.fc2.com/tb.php/23-48232483
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。