上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牛肉のご飯。

細かく叩いた牛肉・木綿豆腐・キャベツ・人参

牛肉


いつもの蒸し器、”クック膳”で7分チンして出来上がり。



牛肉2



WELLNESSのラム・サーモン・麦のドライフードと混ぜて頂きなされ♪



残飯漁りで下痢腹に苦しんだトビ男君、元気に復活。


元気


発作の薬が体内に吸収される前に出てしまって、発作が起きたらどうしょうかと心配したけど無事切り抜けたみたい。やれやれ。。。



最近体調は良いけど、それでも前回の10月19日の発作からそんなに日にちも経っていない。

発作の間隔が1ケ月開かなくなってから4ケ月あまり。


焦らずがんばろうね♪


色々対処法も試すようになり、ここ2ケ月程の発作はかなり軽い。

特に発作後の回復が著しく早くなった。


以前は発作後30?1時間程は意識がはっきりしなかったり、私を全く認識出来なかったり、目の焦点が合わず朦朧とした中での徘徊が延々続いたり、目を閉じたまま狂ったみたいに断末魔のような泣き声とも叫び声ともつかぬ雄たけびを繰り返したりしていたけど、それが見られなくなった。


それと共に、発作後のトビ男に変化が見られるようになった。


発作後、かなり早いスピードで意識が戻り、問いかける私の顔をちゃんと見てく?んと泣いたりするトビ男。

まるで「かーちゃん、助けて。」「かーちゃん、またなっちゃったよ。怖いよ?」と言っているみたいに。。。


心配ないよ、ここにいるよ、と話しかける私を見て、トビ男はしきりにあくびをするようになった。


もちろん退屈なわけでも眠たいわけでもない筈だし、子供のころ母が婦人科系の緊急手術をすることになった際、手術前にしきりにあくびを繰り返していて、「なんであくびばっかり出るんだろう?」と言っていたのを覚えていたので、きっと極限の状態でのあくびという行為には何かわけがあるんだと思っていたけど、調べもせずそのままにしていた。

数日前にふとしたことで「犬のあくびはカーミングサイン」という記事を目にして驚いた。


犬はものすごく緊張したり、誰かに怒られたり、怖かったりすると、あくびをするという。

自分を、または時として相手犬や人間を落ち着かせる為の行為だそう。


そうだったんだ。



発作後に我に返って、「落ち着け、俺。怖くないぞ。」と自分に言い聞かせているのか、それとも心配そうに覗き込む飼い主に「大丈夫。もう大丈夫みたいだよ。」と教えようとしているのか。。。



けなげだなぁ。



トビ男をなんとか助けたいと思う私だけど、トビ男自身もまた、自分で発作となんとか上手く付き合っていこうとがんばっているような気がする。


あがが




がんばろうね。
発作持ちってこんなもんだなんて、かーちゃんは絶対に諦めたりしないからね。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tobytoasobo.blog120.fc2.com/tb.php/22-aee19eb3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。