上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トビ男、退院してきました。



生死の境を彷徨うのも何回目ですか。。。というトビ男君。

今までも発作が止まらなくなり慌てて病院に駆け込んだ事はあったけれど、今回は見ていて本当に怖くなるくらい酷かった。 大型犬の発作は凄まじい迫力だし。

搬送中の車中でも発作が次から次へとやって来て、ケンと二人恐怖のどん底状態。


朝が来るまでに電話があれば、グッドニュースではありませんから。。。と恐ろしい事を言われた夜に限って、電話がやたらと鳴って再び恐怖のどん底に陥った。



朝9時半に電話が鳴り、「なんとか持ち直しました。まだまだ安心出来ませんけど。」と報告が入って、倒れそうになってしまった。

良かった~!

そのまま1日様子を見て貰い、もう一、二晩入院させたが良いと言われたけれど、無理を言ってその日の日帰りタイムリミットの夜8時過ぎに退院させてもらった。

日中も発作が起こらなかったという事だったので、家でいつもの薬に加えて更に発作抑止の強い薬を8時間毎に48時間与えるという条件付きで退院。

もう一泊と言われても、朝まで居るだけで治療費とは全然別に宿泊費1000ドルかかるし、なんといっても病院が大嫌いなトビ男が病院に居つづけて、弱ってしまう事も心配だったし。

トビ男は病院ではパニックになって、ご飯も大好きなおやつさえも口にしない。

ただ夜もしもの場合、自分で対処出来ない事も怖かったので、トビ男の様子を見せて貰って、もし駄目そうならあと一晩置いて帰ろうと思ったけれど。。。


医師の説明を聞いている途中に、スタッフに連れられて揺~ら揺~らトボトボ、下を向きながらトビ男が入ってきた。

「トビー!」と声をかけるとハッとして顔を上げ、ウォーン!ウォーンとびっくりするような大きくて甲高い悲鳴のような声を上げながら急いでこちらにやって来たトビ男をナデながら、「連れて帰ります。」というと、医師はすぐにOKを出してくれた。

トビたん、がんばった~(涙)


まだ体の機能も回復していないし、春に倒れた時と同様、目の瞳孔が開いたり小さくなったりととても不安定な、療養中のトビ男君の背中姿。

4本足を投げ出してグターっと死んだように寝ている。

療養中



春と違うのは、自分で立てるし歩けるという事。
3時間おきくらいに、外へ出てシッコしたり、歩いて草の匂いを嗅いだりしてる。
とてもしっかり早足で歩けるのには驚いた。

夜に帰って来た直後、物凄い勢いでがっついてご飯を食べるトビ男君。

食事中

病院の食事はほとんど食べていなかったと思う(初日は意識がなかったんだから当たり前だけれど)。

この病院はかかりつけの病院の提携先だから仕方なく行くけれど、大病院なのはわかるけれどとても対応も冷たくて、いつも嫌な気持ちになる。

“栄養剤を点滴で打っているので大丈夫ですよ”と言われたけれど、いやそういう問題じゃないから。

生かされているのと自分で生きる為の行動をしているのは違う。。。


剃られた



まだまだ行動範囲も狭いし、顔つきも何もかも安定しなくて気が抜けないけれど、とにかくトビ男は退院して大好きなおうちで療養中。

療養中2


トビ男の為に応援して下さった方々の思いが届いて、トビ男は家に帰ってこられました。

本当に有難うございます。

拍手の際のコメントも有難うございました。


トビ男ががんばっている証を残せたら、トビ男の姿を見て勇気づけられる人が一人でも居たら。。。と思って、メインブログから別にトビ男専用の記録ブログを始めましたが、励まされているのはトビ男と私の方でした。










にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tobytoasobo.blog120.fc2.com/tb.php/214-652c1b1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。