上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝晩涼しいというより寒い最近のニュージャージー、日中も過ごしやすくなったので、地下部屋に降りて行くと、毎回ストレッチを始めるトビ男君。

散歩行くぅ?という意思表示。あ、そう?違う用事で降りてきたんだけど。


裏庭に帰ってきても、しばら~くゴロゴロ。

gorogoro


空気の澄んだ緑の中で過ごすのは気持ち良いね♪

face




昨日定期健診と注射の為に、3月30日以来5ケ月ぶりにかかりつけの病院に行って来た。


お出かけ~♪とウキウキと車庫から出たトビ男君、長男ドリの車のドアが開いているのを見て、散歩ではなく車に乗せられると察知して、家に戻ろうとするのをガシっと捕獲。

二人がかりでなだめたり怒ったり、大変な思いをして車に乗せる事が出来た。


car


病院に着いても、すぐに逃げられるドアにへばりついて、ギャーギャー泣き続けるトビ男。

毎回毎回、なんちゅー失態。

奥の処置室に居たスタッフ達が出て来て、「ああ、やっぱり!その絶叫はトビー君だと思ったわよ~」と笑う始末。

いつもすみませぬ(恥)。



exit


しかし、前回の3月に病院を出る時立ち会ったスタッフの2人はトビ男を見て本当に驚いて喜んでくれた。

病院に入る時もヨロヨロで、支えてやっと数歩歩ける程度だったけれど、その後の麻酔で意識不明状態から戻らなくなってしまい、夜になってやっとなんとか目覚めたものの、ほぼ意識朦朧状態で全く歩けなくなっていたのを、二人が担架でかついで車に乗せてくれたのが遠い昔みたい。


ドクターイリヤもトビ男を見てとても喜んでくれた。

何度も電話をくれるのでトビ男の状態をその都度報告しているものの、実際見るのは3月以来初めて。

恐怖で歩き回ってギャオギャオ言うトビ男に笑いながらも、「あなた、本当によくがんばったわね~」と何度も頭を撫でてくれていた。

一緒にどの注射を外してどれをするかを話し合い、今回は4つのうち3つを実施。

足の負担を軽減するためのゆるゆるダイエットも上手くいって、5キロ減。トビ男がんばった♪


薬の量は、4月のあたまに総合病院の脳神経専門医ドクターエステバンから言われ減量したものから更に減らしたままの状態だったけれど、発作は起こっていないので、どうするか聞いてみた。


現在の薬:

ゾニサミド朝晩300mgずつ→200mgずつに減量
フェノバール朝晩100mgずつ→50mgずつに減量
臭化カリウム1日1回4ml→1mlに減量
甲状腺のソロキシン朝晩0.8mgずつ→服用停止

ドクターイリヤは何故薬をこんなに減らしているのに発作が起こらないのか、理解に苦しむと言っていたけれど、はっきりしたことがわからないので、とにかく年末まではこのままの量をキープして、次回の血液検査で再度話し合って決めようという事になった。

次回の検診で、薬を更に減らせるといいな。
今のトビ男には薬は要らないような気がする。まだまだ心配だけど。。。


“Dogtor J”の“グルテンを含む食品とてんかんの関係”という記事を読んで、ドライフードを完全穀物フリーのものに代え、グルテン排除の手作りフードを与え始めるようになったのが6月。

ドクターイリヤにその事を伝えようかどうか迷ったけれど、発作が起こっていない事との関連性は確かじゃないし、それにプロの獣医さんに他の獣医師の考えを紹介するのも正直はばかられた。


ただグルテンフリーの食べ物を与えるようになりましたとだけ伝えると、「人間もグルテンにアレルギーを持つ人がそれを排除すると、体本来の機能が正常に働きだして、肥満が解消されるという例が認めらているから、トビーが厳しいダイエットもせずに体重を落とせているのはそのおかげかもしれないわね。」と言われた。

同感。

今までは、てんかん発作に良いのはどういう食べ物か、どういうサプリメントを与えたら良いのかということばかりで頭が一杯で、どういうものを与えてはいけないのかという事を深く考えていなかった。

逆の発想に気づかせてくれた“DogtorJ”の記事を見つける事が出来て、ラッキーだった。



1日経って今日夕方、病院から電話。

「検査の結果は全て問題なしです。」


トビ男君、一安心だよ。毎年病院の常連さんの君だけど、またしばらく行かなくて良さそうよ♪

とにかくこれで油断せず、これからも一緒に、がんばろうね♪



smile







にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。