上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も無事に朝が来た。

午前2時まで一階のソファでちょこちょこ仮眠して、その後トビ男と一緒に2階に上がってベッドで寝られる~♪と喜んだら5時に下に降りたいとガタガタしだし、外に出して排便。

細切れの睡眠にも慣れたけど、老化現象が加速しているみたい(涙)。
目のクマがすごくて、化粧乗りも最悪、老婆化してるじゃないか~!

とりあえず、トビ男はここ3日間発作を起こしていない。

.....というのは正確には間違いで、発作は起こっている。
痙攣状態に入る前になんとか防いでいるという事の繰り返し。

今まで発作の際は薄手のアイスシートを使っていたけれど、ダブルコートの毛仕様のトビ男には弱すぎるようで、効いたり効かなかったり。

痙攣が始まる前にしっかり背骨の広範囲をカバーすればほぼ100%発作を防いで、次の発作の程度を劇的に押さえるという新しいレポートを読んで、分厚いアイスパックを2枚縦にして思いっきり強く当てる事に。

ここ3日間、日に2度程急に倒れ込み、発作を起こしそうな兆候が出る。
30分間の間に何度も意識が遠のいて、視力を失い発作に入りそうな波がやって来て、とにかくアイスを当てて痙攣はほぼ全て押さえ込めている。

それから薬はいつものように、4種類のうち、1種類フェノバールだけを一錠(97mg)から1.5錠に増やして与え続け、昨日から元の量に戻した。

これは症状が酷くなった時のみの処置で、肝臓に負担がかかるこの薬は極力増やしたくないとうい私の意見を尊重してくれているドクターイリヤの案で、症状が戻ると服用量も戻しているけれど、今後はどうしたら良いのかな。。。

神経系の専門医はもっと増やさないといけないと言っていたけれど。。。
でも他に3種類も飲んでいるしねぇ。

あとは1日2回の食事を、4回に分けて頻繁に与える事を今も続けている。
空腹になって血糖値が下がり、発作を起こす隙を与えないようにする為だけど、はちみつを一緒に与えると効果がよりあがるらしいんだけど、はちみつは結構ねっとりして与えにくいので、さらさら状の生はちみつを与える事に。

食事&おやつの奨励回数は6回だったけれど、ちょっと無理。
人間の生活っちゅーもんがあるし、次男ケンの試合と練習で週末も運転しすぎて腰が痛いし。


今はとりあえずこのやり方でなんとか凌いでいる。
発作自体は起こっているんだろうけれど、3日間痙攣を押さえ込んでいるから、飼い主なりにやれるだけの事はやっていると信じたいところ。

散歩は日中は危険なので行けないけれど、日が落ちて人が少なくなってから(もともと人はあんまり居ないけれど)5~10分だけ歩く。

夕方


夕方2



焦らず、がんばろ♪








にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。