上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュージャージーに100年ぶりにやって来たハリケーンアイリーン、暴れに暴れて去っていった。

海岸沿いや低地の方では大洪水が今も続いており、ニュージャージー州だけでも60万世帯がいまだ停電中だけれど、幸いにもトビ男地域は何事もなく無事だった。

不謹慎だけれど、子供というのはこういう非常事態にワクワクするらしく、次男ケンは停電にもならずロウソクに火を灯す機会も無かったことにものすごーくがっかり。

携帯で30分程離れた所に住む友達宅が停電しているという事を知り、「ずるい~!」とかなり悔しがっていた。

いや、ズルくないんだよ、幸運だったんだよ。


ハリケーンが到達して豪雨が降り続く間も、トビ男は用足しに横庭に出ないといけない。


窓を開けてザーザー降る雨を恨めしそうに眺めて躊躇するものの、我慢が出来なくなると、渋々“かーちゃん、ドア開けてぇ”とウォン。


いってらっしゃ~い♪


window


ひぃ~!!!!!”と駆け足で戻ってくるトビ男をタオルで捕まえて拭き拭き、の繰り返し。


トビ男君、大変だったねぇ。





今日は一通りチェックしたけれど、心配した倒木はなく、風で飛ばされた落ち葉が芝生のあちこちにあるものの、どこも無事。 良かった~


sotoasobi


ケンにボールを投げてもらって遊ぶトビ男。


sotoasobi2


普通のコンデジなもんで、走っている時を写真に撮るのって難しい。

変な格好の写真ばかり。。。

sotoasobi3


元気に走り回っているトビ男だけれど、大型ハリケーンによる気圧の変化をモロに受けてしまったのか、この数日間で発作2回。


まずはハリケーン到達寸前の土曜日午後6時頃。

割とすぐに回復したけれど、階下に下りてきて私が居ないと思ったトビ男。
大の苦手なとーちゃんを見て大焦り、か~ちゃ~ん”とウォンウォン泣いていた。


そして今日月曜日の午後2時頃。

ハリケーンが去ってすっかり晴れた空に安心していたんだけれど。。。
トビ男は続けて長距離散歩に行かない日があると、物凄く高い確率で発作を起こす。

運動で脳に酸素を活発に送って発作予防”とは良く書かれているけれど、それが関係するのか、それとも思う存分散歩に行けない事へのストレスが原因なのか。。。

ハリケーン騒ぎで2日間行けなかったからねぇ。 ご免ね、トビ男。


ソファの前で痙攣の気配だったので、すぐにアイスパックを取りに行って腰部に強く押し当て、直後に痙攣が起こったけれど、あっという間にストップ。

その後はいつものように、目を見開いたり、かと思うと強い頭痛に目をしかめたりする様な動作の繰り返し。

胸部を触ると、心臓が凄い速さで脈打っていた。
発作は人間がフルマラソンを走るのと同じくらいの体力消費というけれど、早すぎる鼓動を感じながら、「トビ男は今フルマラソンに出て闘っているようなもんなんだな~」と不憫になって、ギューっと抱きしめて、頭をナデナデしながら「トビたん、大丈夫だよ~」と何度か耳に口をつけて繰り返すと、目がしっかりしてきた。

目の焦点も合わず意識が遠のいた混乱状態から、ガーっとこちらの世界に戻ってくるような、明らかに正気に戻る時を見るときは毎回本当にホッとする。

落ち着いて少し眠って、起きた時に溶かしたアイスクリームを与えると、かなりしっかりしだした。

トビ男君、今回もがんばったね♪



発作持ち歴5年のトビ男、4年を過ぎてから間隔を1ケ月開ける事ができなくなっている。

以前は1ケ月しっかり開いていたし、2ケ月開くことも度々あったのにねぇ。

でもこの1年、飼い主の神経と体力を擦り減らすような連続発作や、中々意識が戻らない半ば獣状態の後発作はない。

この持病はこういう症状で、こういう風に移行していきます。”という一般的事例が通用しないのがてんかんというもの。

トビ男と一緒に変化に対応しながら乗り切るしかないね♪


トビ男の代わりはいないからね。
まだまだトビ男と遊び続けないといけないから、かー様体力つけて(いや、これ以上の体力は要らないんじゃ? ありすぎだぜよ。)がんばりますぞ♪












にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。