上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トビ男の検診に行った時、歯磨き用ガムを買ってみた。


順番を待っていた時、受診室から黒のラブラドールワンちゃんが口になにやらおやつみたいなのを銜えて元気良く出て来た。

良い子にしていたご褒美かしら??
トビ男は絶対貰えないな。

 

後ろから続く飼い主さんが袋ごと持っていて、フロントで代金を払っていたので、「それは何?」と聞いてみる。

なんでも市販の普通の骨ガムを買って与えると、必ず下痢腹になってしまうとかで、検診に来た際に病院でいつも同じ骨ガムを買うとの事。

病院でしか買えないこのガムだと、ラブちゃんのお腹もOKらしい。



ふ?ん。。。。。。。



フロントにスタタタタ、、、、、、、、


「あ、あれと同じもの下さいな♪」


デンタルボーン




つられて買ってしまったよ。


家に帰って、早速晩御飯後にトビ男に見せる。

くんくん


なんか妙な匂いがするし、トビ男君、かなり嫌がって無理やり口に入れても“ペッ”と出してしばら?く放置。


こら?、歯磨きせいっ!


くんくん2


3時間ほど放置され、その後なくなっていた。

今日与えてみると、すぐ噛み噛みし始めたから、とりあえず気に入ったのかな?


血液検査の結果は良好で、一安心。

各薬の血中濃度も安定していて、問題なし。
今回は小型犬並の量しか与えていなかった臭化カリウムを、少?しだけ増量して2週間様子を見る事に。

去年の春先、臭化カリウムの副作用が酷かった時は粉末のカプセル状を飲んでいたけど、秋から液体にシフト。

量も規定量の半分以下だから、問題なし。

今回の増量もかなり低めにして、副作用が出ないかしっかり見極めながら、ゆるやかにあげて行こうという事で合意。


しかし、てんかん発作の薬って、全く進化しないのね。
世界中どこを見ても、100年くらい同じ薬しか出回っていないし、たまに新薬が導入されても効果薄で、結局メジャーな5種類程の薬の処方に頼るばかり。

それだけ脳の問題は複雑で難しいということなのかな。




Phenoborbital フェノバール(アメリカではフィーノバーバドーと発音するけど)
Potassium Bromide(臭化カリウム)
Zonisamide(ゾニサミド)

Soloxine(ソロキシン: 甲状腺の薬。直接的なてんかんの薬ではないけど、発作と甲状腺機能との関係が発表されて以来、一緒に服用するケースが多い。)


以上が今トビ男が飲んでいる薬。
かなり低めの量設定で、薬に支配されずに元気に走り回れる状態を保っている現在。

がんばれ?トビ男の脳と体?♪



トビ男の鶏肉ご飯♪

鶏腿肉、水菜、白菜、人参。 6分チンしてドライフードと混ぜて頂きま?す!

チキンこれが犬用


同じ鶏肉を人間用にも使って一品。

腿肉、人参、ジャガイモ、玉ねぎの炒め煮。
ソース(醤油・黒砂糖・ごま油・刻みにんにく・赤唐辛子・ネギみじん切り・AGAVEシロップ(リュウゼツランの蜜)・酒少々)

ご飯がすすみすぎる危険な一品。

チキン犬用





にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。