上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の8月の日記からあっという間に6ケ月経過(汗)。。。

すでに年が明けて3ケ月以上も経ち、暖かくなったりまた氷点下になったりを繰り返しているニュージャージートビ男地方。

p198


たま~に発作を起こしながらも穏やかに生活しているトビ男君の日々はメインブログの綴っているので、特筆すべき事もないと長らくここを放置していたけれど、今年初の発作をきっかけに思うところあり、久々に最近の様子を記録。


とりあえず手書きの ”トビたん日記帳” を見ながら、2013年最後の重積発作から今年現在までの簡単な復習。




2013年8月11日 約1週間の頻発する連続発作の末に、間隔が空かなくなる重積発作。その前年の2012年は9月5日に重積発作状態に陥って入院、6日に退院して以来11ケ月ぶりの発作。




2014年 無発作(わ~い♪)


2015年 1月16日 早朝6時半 発作 一回のみ

2015年 3月29日 午後3:00~3:55の間に発作 一回のみ

2015年 6月20日午前2時 発作 一回のみ

2015年 10月21日 午前1時 発作 一回のみ


2015年10月28日、年に一度の定期健診と血液検査の為に病院へ。

服用している薬2種類の血中濃度も問題なし、フェノバールを止めて3年でやっと肝臓の数値もほぼ正常に。


2015年11月3日~17日 体調が急に悪化してご飯を食べなくなり血尿。 薬服用と2回の検査後、何やら新しい獣医(いつものドクターイリヤは産休中)に不信感を抱きながらも完治。


2015年 12月6日午後11時45分発作 一回のみ

2015年は合計5回発作。 飼い主の不注意や気のゆるみで発作誘因の原因を抑え込めない時もあっての5回。

でもまぁトビ男君もがんばってくれて、1年を通してみると穏やかに過ごせた♪


今年に入ってからは、大雪の庭で埋もれながらも寒い日々を堪能したり、体調を自分で加減しながら遠出して沢山歩いたり、本の数分で疲れて家に帰ったり。

本当にシニア犬ライフと言う感じ

p606

p193

p063


でも寝顔はやっぱりベイビー。^m^

p960


2016年春。
3月5日 午後1時18分発作
3月6日午前12時45分、午前9時10分、午後4時16分、午後10時45分発作

2日で5回の発作、頻発に起こっていた時期に比べると全然数も少ないけれど、なんだか数年前を思い出させるパターンでいやな感じ。

急に水を飲む量がかなり増えているのも、一番悪かった時期と重なって不安だし、なにか癲癇以外の病気のきっかけをつくちゃったんじゃないかとハラハラ。

シニアになって体力もなくなってきているのか、発作と発作の間の回復もかなり悪く、意識の戻りの悪さもあるけれど、脚力が3月13日の今日になっても中々戻らない(汗)。


でもとにかく今は発作が起こっていないから脳には優しい状態だし、ニャンズ達もトビ男君見守り隊で活躍してくれているから、しばらく様子見かな?

p230

トビーオジサンの行くところにナイル坊ちゃんの付き添いあり♪

p622


p234



トビ男君の近況はこんな感じ。



引き続きゆる~い頻度になるだろうけれど、トビ男君の様子をやっぱり記録し続ける事に意味があるような気がする。


トビ男君は2歳で癲癇を発症して、今年12歳になるからお付き合い歴《ありがたくない付き合いだけれど)はもう10年。

藁にもすがるような思いで発作の原因解明、発作に効くかもしれないサプリやらなんやらをネットで探し続けて、それらの知識だけでなく同じてんかん戦士ワンちゃんや飼い主さんを見つけて本当に嬉しかったりした。

そのうちの半分以上のワンちゃんがもうこの世にいないけれど、トビ男君はまだ生きてがんばっている。

同じ癲癇持ちのワンちゃんの飼い主さんがトビ男の存在を知ってくれて、少しでも勇気づけられれば、そしてトビ男君との試行錯誤の数年間が役に立ってくれれば。。。。

まだまだトビ男君との幸せ散歩道が続いていますように。

がんばろうね、トビたん♪









にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
先週末のトビ男君。

ウキウキとお決まりのコースを突っ走り、あの場所へ向かう。


tattaka

日曜日で動物病院が閉まっていることを用心深く確認して、散々居座る。

infront2

や~い、や~い、閉まってるくせにぃ~!とでも思っておるのだな。いつもながら陰険な遊びであるよ。

infront3



そして数日前の平日。

元気よく近づいたものの、建物前に人がいてとても用心深くなるトビ男君。 営業している事を感じ取ったか。。。

inftont4


遠巻きに臭い嗅ぎなんぞして、いつまでもウロウロするトビ男。 

ドア付近には決して行かぬものの、”もういい加減行くよ!” と声をかけても動かない。

ややこしいやっちゃな。

いっその事、注射の一本でも打ってもらうかね?





黄色いテニスボール遊びも出来ない程、枯葉に埋もれていた裏庭だけれど、

niwa113


庭師の人達がきれいさっぱり取り除いてくれた数日前。

niwa112


3日程経過した今もこの通り、今週は強風や豪雨に見舞われないので、落葉もゆ~っくりペースで助かる♪

トビ男君もテニスボールを追いかけて元気に走り回っている。

niwa11

口に咥えたボールを頂戴~♪というと、イソイソとやってきて必ずあと一歩という所で落とすんだよねぇ。

ボールを投げてほしいけれど、渡すのは嫌だ!という犬なりの葛藤であろうか? 頭悪いのか、お前さん?


niwai111

トビ男は寒くなってますます元気だけれど、2日前にダニに頭を噛まれた!

最近鹿もあちこちにウヨウヨしているし、普通のダニだけじゃなく鹿ダニも心配だっていうのに!

ケンと二人で格闘して取り除いたけれど、頭部に小さなハゲのようなものが出来てしまった。

毎年最低1度は出来る、悩める風物詩。

発作回避の為にフロントラインも全く投与していないので、本当に迷惑だよぉ。


周りの人に聞くと、最近は従来の動物病院にもホリスティック概念に基づいた獣医さんが増えているとかで、フロントラインの投与やワクチン接種の危険性に着目して勧めない所が増えているそう。

発作を起こすので止む無く回避しているトビ男のような犬でなく、健康なワンちゃん達の飼い主さんでも、「獣医さんと相談して、フロントラインはやめたの。」とよく聞くようになって驚き。

そうなんだ。

時代は変わりつつあるのかな~




トビ男が最後に発作を起こしてから3ケ月経過。

平和な時を過ごせることに感謝している日々だけれど。。。。。


昨夜2階のケージで寝ていたトビ男君。

午後11時半頃、カタカタとケージが揺れる音が!

次男ケンが、「トビーがなんか、発作のような発作じゃないような、変な事になってるよ。」と2階から言うので上がっていくと。。。

寝ぼけ眼のトビ男君が上半身をもたげた。

ケン曰く、カタカタ体がゆっくり揺れるトビ男に、”トビー大丈夫かぁ~?” と声をかけるとパチッと目を開けて置きあがったそう。


こ、これはもしかして、長男ドリさんが前に解説した ”発作を起こした夢を見ているんだよ。ぎょえ~、発作になっちまったオレ~!” 的悪夢。 起こしてやった方が良いかもね。” の珍解答の行動再び?

”だ、大丈夫トビやん?” と声をかけると、ゆっくりケージから出てきてう~んと伸びをしてえへへ♪と尻尾を振り始めた。

心臓に悪いやっちゃ。


これは夢にうなされていたに違いない、決して発作ではない事を祈るのみ。


あ~、久しぶりに焦った。







 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


11ケ月ぶりに起こった激しい発作もやっと終息を迎えてくれまして、元気に復活したトビ男君。

8月11日以来発作は止まり、脚力もすっかり元に戻り、毎日元気いっぱいに散歩に出かけております。

tosanpo

やっと、やっと平穏な日々が戻って来た~!

ふ~、やれやれ。。。

などと安心していたら、今朝は8時半過ぎから恐ろしい空模様。


西の方から激しいサンダーストームが接近中らしく、ゴロゴロ~、ゴロゴロ~、ゴロゴロゴロ~ッ!!!とそれはもう、恐ろしい音を立ててもうすぐ起こりうる事を物語っとりますがな。

サンダーストーム通過後の地域では停電も発生しているらしく、大丈夫かな?

darksky


すでに雨が降り始めているけれど、荒れ始めた外の様子にトビ男君は超挙動不審状態。


外に出してくれとへばりつき。




anxious

雷がなると家の中に居るのが耐えられないらしく、何故か毎回外に避難しようとする。

そしてザーザー降りの中びしょ濡れになり、おさまるまでどれだけ呼んでも入ってこず。。。

絶対出すわけにはいかじっ!




出して貰えないと諦めたあとは大人しくしていたけれど、しばらくして見ると、リビングのインテリアの一部に変身していた。



behindsofa


ソファの後ろに隠れて、超不安げなお顔。

anxious2


サンダーストームへの恐怖心と気圧の変化による脳への影響が重なって、発作というパターンは嫌というほど経験してきたけれど、なんとか耐えて頂戴よ~



そうえいば、最近まとまった雨が全然降っていなかったなぁ。

木々の為には必要なんだろうけれど、雷は要らないですわいな。




前回大量の雨が降ったのは、トビ男の発作期間の真っ只中。


雨がザーザー降る中で、発作の谷間にあったトビ男が外に出たいとせがむので、申し訳程度の防水加工パーカーを着て外に連れて行った。

何故か私とトビ男の後ろ姿を次男ケンが写真に撮っていた。


rain

とにかく精神状態が定まらずに足もおぼつかない状態だったので、一刻も早く排便を済ませて家に連れ戻したかったのに、ヨロヨロ歩くばかりで何もせず。

顔つきが変わり始めて、錯乱状態に陥り、”ヤバい!”と思ったのはこの写真の1,2分後。

ばったりと倒れて3回連続発作を起こし、 慌ててケンを呼んで二人でずぶ濡れになって対処。

家に運ぶにも、ドリ兄ぃがいないのでどうしようもなく、二人でどうしよ~どうしよ~と途方に暮れながら、「トビたん起きてくれよ~、歩いてくれよ~」と声をかけた時、奇跡的に目を開けてくれ、ヨロヨロと立ってくれた。

発作後は1時間は意識朦朧で全く立てないのに、あの時飼い主が困り果てていた気持ちを感じとったのかな?

ケンと二人、ヨロヨロのトビ男をハーネスと介護布で支えながら、なんとか階段を登らせて中に入り、一歩入った途端に倒れこんで意識を失ったトビ男君。

君、がんばったな~っ!



今回の発作期間中もハーネスをつけっぱなしだったトビ男君。

抱え上げたりするのに必要不可欠だけれど、ハーネス自体にはかなりのダメージを与えることになるので、やまとりりししコカテイルズの縁さんに作って頂いたブルーハーネスは万が一の事を考えて使わなかったのが幸いした。


トビ男の毛に合わせて買った最初のハーネスが、発作の終わりとともにお陀仏に。。。


harnessb

長い間トビ男を支えてくれて、ありがとうね。




サンダーストーム第一弾は通過した模様。

あともう一回来るらしい。

トビやん、がんばるのだぞ~!






にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村






左目の眼球摘出から2週間、不便なコーン(エリカラ)生活を経て、先週めでたく外して頂き、更に1週間経過。

えりまき


頭周りの重い物体から解放されて、元気いっぱい庭で走ったり散歩している。

niwa

臭い嗅ぎも堪能出来るように!

コーン付きだと、匂いを嗅ぐ前にコーンが先に当たってしまい近づけず、とても悲しそうだったもんね。

nioikagi


ここ数日とても涼しいので、地下から上がって来て1階や2階で寝ていることが多い。

窓から入るそよ風を背に、気持ちよさそうに寝ておるよ。^m^

suyasuya


片目になってしまったけれど、毎日前向きなトビ男に励まされながら楽しく生活。

ただ困るのが散歩。

まだ傷も完全には癒えていないし、剃られた毛も生えそろっていないから、通りがかりの人々を驚かせないようになるべく日が出ているうちは遠出しないようにしているけれど。。。

前向きなトビ男と飼い主はすっかり片目の事も忘れてしまうけれど、意外と周りの反応に凹む。^^;

すれ違う時に笑顔でワオ♪!と言いかけた人の顔が急にハッとなったり、大体の人の表情が急変する様を見るのにも慣れないとね。

2日程前は向こうから小さな子供達とお母さんたちが団体でやって来た。

やだな~、子供って時々オブラートに包まず恐ろしい事を直球で言ってくるから避けたいな~と思っていたけれど、向こうが近づいて来ちゃったよ。

意外にも一番小さな男の子が、トビ男をじ~っと見て、「Can I touch him? さわっても良い?」と聞いてくれたので嬉しかったけれど、近づいてきたお母さんが最初は笑顔だったのに、トビ男を見てハッとなり、「駄目よ、行きましょう!」と手を引っ張って行っちゃった。

やっぱ、怖かったかしら? ^^;

片目になると人(犬)相悪くなるし、片目である事自体が恐ろしいのかもね。わかる、わかる。

lefteye

つい一か月前までは、ブルーアイが綺麗で優し顔をしていると、散歩の度に褒めて貰えたのに、えらい違いだよね、トビたん。

顔見知りの犬友さんは、可哀想で手術跡も怖すぎると言って、オーマイゴッド!と叫んだあとはもう見れないと、目を覆っていた。

こういう反応にも、徐々に慣れて行かないとね。


子供達からは、片目になってヤクザっぽくなったから、いっそのこと黒い眼帯なんかして極めた方が良いなどと言われているけれど、そんなものしてもクールになれないのがトビ男君よ。

ぶさ可愛い写真3枚連続で。


busakawaii


busakawaii2

トビやん、黒い眼帯して、親分になる?

busakawaii3

うん、オヤブン食べたい。 どんな味?










にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


2013.06.06 トビー♪
中々気持ちの整理がつかず、こちらのブログは更新していなかったけれど、これはトビ男の健康記録を残す目的の日記であるわけだから、久々に気持ちをふるい立たせて更新するか。


本ブログ
におおまかな事は書かれているけれど、トビ男はいろんな不運が重なって、短期間の間に左目を失明してしまった(詳しく書く気持ちのゆとりはありません。本ブログを見てね)。

感染症の危険性がかなり高く、悩みに悩んだ末に左目摘出手術という事になったけれど、トビ男は元気。

明日で手術から一週間。

左目を失っても生きていけるし、元気に散歩も出来る。

トビ男の犬生が終わったわけでもなく、トビ男は飼い主を元気づけるべく、何よりも明るい太陽であり続けていてくれる。

トビ男は全然可哀想じゃないよ。


子供の頃から常時たくさんの犬を飼っていた実家では、目の見えない犬、耳の聞こえない犬もいたので、そんなの普通にありあり♪

耳が聞こえなくても目が見えなくても、彼らは元気だった。




とても幸せなトビ男の姿を、見守り続けられることに心から感謝。

トビたん、YOU ARE MY SUNSHINE, I LOVE YOU!


トビー2





トビー







にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。