上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近晴れの日が続いている。

日中の気温もちょっと肌寒いくらいで、トビ男君も散歩の最後までバテることなく元気に帰ってこられる。


moku4

自分の家のあるストリートに戻って来て、最後直線数分をダッシュして帰るトビやん。

moku6

この後どんどん離されて、息切れする飼い主はトビ男に引っ張ってもらうように帰宅。


眼科の4ケ月後検診に引き続き、かかりつけの病院での検診に行ってきてから今日で1週間。

ドクターイリヤと話し合って、ジステンバーはじめ3種類のワクチン接種は回避することになり、便の検査やら野生動物からの病気感染を防ぐ処置等をして貰って、後は3種類の血液検査。

2日後ドクターイリヤから電話があり、肝臓の数値がわずかに高いけれど、これは問題ない範囲で後は全て良好という事だった。

去年9月、肝臓の数値が異常に高くなってフェノバールの服用を3週間かけてゆっくり止めてから1年。

薬をやめた以外は肝臓改善の為に何の対策もなく生活した1年間。

数値は劇的に改善したものの、まだわずかながらも長年服用した薬がしぶとく体内に残っている可能性もあるので、残存影響として今回の結果になったと思われるという。

問題ない範囲と言われたけれど、”わずか”でも高いって、飼い主的にはかなり不安。

また1年間がんばろうね、トビやん。


moku8

裏庭で元気に遊ぶトビ男を微笑ましく見ていたんだけれど。。。。

moku7


ごらぁ~! 芝生の上でこっそりシッコするんじゃねぇ~~~!!!!!

moku3

怒ったらビューン!と走って逃げた。

ダメだと知っているくせにやる確信犯。許せぬ。






*****************

長い間ずっとお邪魔し続けていたブログのワンちゃんが先月突然亡くなり、とてもショックな日々が続いている。

トビ男と同じてんかんと闘い続け、重積発作で入院したりした後も、ご家族の前向きな努力と愛に守られて無発作期間もかなり長く続いたりしていたのに。。。

何度かコメントを入れようかと思いながらも、機会を逃してしまって読み逃げばかりで数年過ぎてしまった。


ある日の日記で、発作は長い間起こっていなかったけれど、長年服用し続けたフェノバールの副作用で肝臓数値が高くなり、少し元気がなく具合が悪くなったので止めることになったと書かれていた。

トビ男と同じだ! ”我が家も同じ問題を乗り越えました、頑張りましょう!”とコメント入れようか、と躊躇していたほんの数日間。

次の更新には、黄疸が出て急に体調悪化し、天国への階段を駆け上ってしまったという悲しい報告がされていた。

また一つ、心の支えにしているワンちゃんが亡くなってしまった!


亡くなって初めて挨拶するなんて悲し過ぎるけれど、ご家族の皆さんにありがとうだけ伝えたくて、最初で最後のコメントを入れさせてもらった。

悲しいぃ。。。。。




ブログを通じて、同じ病気と向き合っているワンちゃんや飼い主さんと繋がることが出来たりして、自分も頑張ろうと奮起したり勇気を貰ったりしているけれど、ネットに上がっているその数は本当に少ない。

犬のてんかん発作に対する情報も、ものすごく限られている。


てんかんの事を調べていて、偶然このブログを発見してくれた方々もいると思うけれど、そんなお仲間さん達をがっかりさせない為にも、トビ男にはまだまだ元気で居て貰わないと困る。


完治のないてんかんと闘うんじゃなく、明るく前向きにこの持病と向き合っていくブログでいられるように、


トビ男と一緒に今日もスマイル~♪




ボルド君、たくさんの勇気をありがとうね。





おまけ。

珍しくベッド内に収まって可愛く寝ているトビやん。

moku5

ソファと窓の間の狭いスペースに入り込んで寝ているトビやん。顔がつぶれている。

moku

誰だ、君は。
猿人みたいな顔して、”猿の惑星” にこんなのいたよ~な。

moku2









 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
散歩の時間を過ぎてもウダウダト片づけを続ける飼い主。

ハーネスを装着したまま待機させられて、今か今かと凝視しつづけるトビ男君の視線が痛いよ。

もうちょっとだけ待っておくれ。

まだですか~?

まだですか


。。。。。まだ?。。。。。

まだですか2


まだ


よ、よし、いざ出発!

途中まで元気よく散歩していたトビ男だけれど。。。

尻尾上

あの建物に近づくにつれて足取り重くなり、

ホスピタル

ああ、尻尾がだだ下がり~!

ホスピタル2

去年貰って以来のお薬がなくなりそうだったので、あらかじめ電話して頼んでおいた処方箋をもらいに病院へ。

病院内に入ってからの写真は一切撮れず。

誰かさんが大パニックとなり、‴ひぃ~!帰りたいぃ~!”と大騒ぎして、精算中で焦った私がリーシュ(リード)を離してしまい、トビ男君はスタッフさん達のカウンター内に乱入して大騒ぎ。

幸い猫ちゃんエリアはたくさんいたものの、ワンちゃんエリアには他に誰もおらず(お互い隔離されている)、「誰もいないからママが精算終わるまで好きに歩き回って良いですよ~、トビー本当に元気になりましたね~」などと言っていただけたものの、大恥。

ごらぁ~!トビ男~!


とりあえず無事に薬をゲットし、その後の散歩を終えて家に戻ってきた。

裏庭にて、獲得品を検査するトビ男君。

八ッ、これはもしやデンタルボーンではっ!

戦利品

デンタルボーン、病院で買うよりネットで注文した方が安いんだけれど、うっかり切らしてしまい、昨夜もトビ男がウォウォと引き出しのところ(いつもしまっておく場所)で文句言っていたので、仕方なく一袋買ってしまった。

戦利品2


トビ男君のお薬、Potassium Bromide(臭化カリウム)。
前は人間用の臭化カリウムを飲んでいて副作用が凄かったけれど、このワンちゃん専用に代えてから快調に。

これ1本を3ケ月かけて飲む。

バタースコッチバニラ味なんて書かれているけれど、赤ちゃんか君は!

薬

今はこれとゾ二サミドの2種類を服用。

どちらも量は以前よりかなり減量されたまま。

以前は4種類の薬を量もかなり多めで服用していたにも関わらず、発作はほぼ毎週何度も起こり、薬代の高さに涙ものだったけれど、今はトビ男君のがんばりのおかげでお財布にも優しい状態キープ。

君、その調子でがんばっておくれよ♪







にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村



氷点下の中、夜10時過ぎの散歩は辛かった。
がんばったぞ、私

夕方用事が立て込み散歩に連れて行く時間がなく、睨み続けるトビ男につい、「今忙しいから、夜全部片付いたら散歩に連れて行くからね。約束するからね~」などと言ったのが間違いだった。

どんどん気温も下がりだしたし、約束はなかった事に。。。なんて思っていたら、10時前になってキッチンでお皿を洗っていると、2階で寝ていたトビ男が降りてきて、わざとらしく尻尾をブンブン振ったりまとわり付いたりして、10時を過ぎるとストレッチまでし出した。

やっぱり言っている事、わかってんのかな?
犬だと思ってあなどれないわ(汗)。

元気に出発~!

yoru

寒かったけれど、それなりに楽しかった。





昨日火曜日、3年に一度の狂犬病の注射をする為に朝一番に気合を入れて出発。

雪がちらほら降っていて、トビ男は散歩と思っているので大喜びで足取り軽し。

yukimichi


トビ男君、三角屋根の病院が見えてきたよ~

私は薬を取りに来たりしていたけれど、トビ男は5ヶ月ぶりの訪問。

hospitalchikaku


正面まで来て回れ右をして逃げ出そうとするトビ男君。

どこいくんじゃ、男らしくはよ入らんかいっ!

尻尾がすでに下がり始めている。

taildown

受付で、“まぁ~、トビーちゃんすっかり元気になって~!”といわれたりする間も、ひゃんひゃん泣き始めて、すぐに絶叫に代わり始めた(恥)。

尻尾が、普段は立派な尻尾が、恐怖を物語っております。

taildown2

最初は同じく恐怖で震えたいたミニチュアシュナイザーのワンちゃん、トビ男のあまりの絶叫ぶりにびっくりして震えるのも忘れていたみたい。

あまりにうるさくて迷惑なので、外で待っていようと出口に行きかけると、ドアが開いてドクターイリヤから呼ばれた。

「相変わらずの大騒ぎ振りで、トビーが来たってドア開けないでも分かるわねぇ~」などと言われて、もう恥ずかしさの頂点。



覚悟を決めて注射の予約を取ったのに、意外な展開に。

せっかく無発作で来ているのに万が一の事があったら不味いので、1年間免除の証明書を出すから、それをタウンに提出しなさいだって。

え~!

今までワクチンと発作の関連性に否定的だったのに、急にどうしたのかと思ったら、例の総合病院の神経専門医ドクターエスティバンから、トビ男についてはそういう助言を受けたとの事。

ドクターエスティバンは一応名の通った神経専門医で、てんかん発作に関しては獣医師向けのセミナー等を頻繁に開いたりしていて、トビ男のかかりつけの病院のドクターイリヤも当然積極的に参加していて最近ではかなり信頼しているみたい。

今回もトビ男が注射するかで相談した際、やめたほうが良いと言われたらしい。

ふ~ん。

私としては安心したけれど、久しぶりにドクターエスティバンの名前聞いて、なんか複雑。

注射はしないけれど、5ヶ月間血液検査をしていないので、実施。

服用している薬の血中濃度も調べないといけないし。

ただ、ゾニサミドの検査は薬を飲んでから特定の時間帯に測らなければならず、また1回のみ実施か2回違う時間帯(最低値と最高値を測る為)で実施するかはドクターエスティバンの意見を聞かなければならず、彼女は今インフルエンザでお休み中なので、後日する事に。

なんか、ドクターエスティバンの意見がかなりの比重を占めていて、びっくりよ。

あの人あんまり好きじゃない。

去年の4月、トビ男は高い確実で脳腫瘍で、もしそうじゃなくともすでに脳神経が致命的なダメージを受けて立てなくなっているし、どの道長くは持たないでしょうとかなんとか言った張本人だし。。。。。

抗癌治療等をしないのなら、まだ若いし進行も早いので数ヶ月ですねとも言ったけれど(怒)。

立てないままで、且つ発作が毎週毎週かなりの回数起こっているのであれば、生活の質という点から見ても、賢い決断(=安楽死)をしましょうと言われて電話するのやめたけど、事務的な態度と相まってどうしても信用出来ない。

処方されたステロイドにほとんど反応しなかったので、脳腫瘍じゃないんじゃないか?と疑問に思って尋ねても、「いいえ、脳腫瘍の確実が極めて高いです。腫瘍じゃなくても重度の脳の異常であることは間違いありません」の一点張りだったし。

9月に重積発作で担ぎ込まれた時、最初は違う獣医師が担当していたけれど、「4月にドクターエスティバンが担当していたんですね。それではトビー君の事を良く知っている彼女に代わって貰いましょうね。」などと言われて、“や、やめてくれ~!”と心の中で絶叫してしまった。

元気に走れるようになって、5ヶ月無発作で過ごせている今のトビ男をどう思っているのか、是非とも聞いてみたいもんだけれど。。。

あの時言う事聞かなくて良かったよほんと。





とりあえず、絶叫のうちに数種類の血液検査の為の“チクッ”を数回だけして許してもらったトビ男君。


帰り道は急に元気になって爆走しながら帰途に。

runawasy



ぬぉぉぉぉぉお~! 早く病院から遠ざかるのじゃ~!

runaway2




裏庭に戻って来たトビ男をしかりつける。

おめぇのせいで大恥かいたじゃないかっ(怒)!

kowakatta


前回の血液検査で肝臓への負担が始まりそうな数値が出たので、6週間かけて完全に服用をやめたフェノバール、今日電話があって、数値も安全値に戻っていたそうで一安心。

ゾニサミドの服用量も減らしたままだけれど、説明によるとフェノバールとの併用でお互いの薬の効果がかなり相殺されていたので両方を多めに服用しないといけなかったけれど、フェノバールをやめたことで他の薬も量を減らしても大丈夫なんだそう。

そういえば、ドクターエスティバンも同じような事を言っていた。

フェノバールやめられて良かった。



とにかくこれで、注射の件は一安心だね♪


ふ~、やれやれ、酷い目にあったぜ~

yareyare

絶叫大暴れでお疲れの様子。^m^









にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村



シーズン毎のお着替えが大切なシベリアン・トビヤン・ハスキー。

ニュージャージーの冬の寒さは普通じゃないからねぇ。



冬用毛皮のダブルコートに着替える作業がまだまだ終わらないトビ男君。

毎日抜ける、抜ける。。。



しょっちゅうブラシを持って追っかけまわされるので、オチオチ寝ても居られないらしい。

気配

ブラシを持って“チャンス~♪”とばかり忍び足で近づくと、ハッと目覚めて身構える。


気配2



裏庭でデロ~ンと横になっていたので、またもやブラシを持って近づきセッセと毛を取っていたら逃げられた!



“助けてくれ~もうイヤじゃあ~”と大慌てで階段を上がるトビ男。

お~い、待ってくれ~と呼んでも振り向きもしない。


階段上り



お~い、トビた~ん! トビた~ん!


しつこく呼んでいたらひょっこり顔を出した。




なぁにぃ?


顔出し



火曜日で、フェノバールの停止計画が無事終了した。

ドクターエステバンの指示通り、6週間かけてゆ~っくり減らして行ったけれど、何事もなく遣り通す事が出来た。


もちろん、これでてんかんの薬とおさらばしたわけじゃあない。


ゾニサミドは最初の頃から比べて半分量で、臭化カリウムは1年前に減らした量をそのまま続行という形で服用中。

とにかく今はこれだけ薬を減らしても発作が起こっていないので、ただただ感謝。



来週月曜日に超大型ハリケーンがやってくるのでとても心配だけれど、なんとかふんばってくれると良いな。






今はまだ嵐の前の静けさというか、全くハリケーンの予兆も感じさせないような穏やかな天気の中、今日も元気にトビ男と散歩。


脚が弱まって歩けず悲しそうなトビ男、薬の副作用でフラフラだったトビ男、発作でビクビクしていたトビ男。。。と色んな状態のトビ男を見てきたけれど、今のトビ男を見ているのが一番嬉しい。




心も体も元気なトビ男。嬉しそうなトビ男。

走れるし、裏庭の遊び場の仕切りを大ジャンプして飛び越えられる。
ジャンプ、1ヶ月前はまだ出来なかったのに。

良い顔


良い顔2


良い顔3



こんな日が続いて欲しいなぁ。











にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


今朝のトビ男君。

今朝

今朝はいつもより早く起きていた。
普段は次男ケンが学校に行ってから散歩に行くのに、今朝はそれより30分前には用足しに出たかったらしい。

トビ男君、大の苦手のとーちゃんだけど仕方ないと思ったのか、“とと様、わしシッコしたいので連れて行ってくれ。”と尻尾を振って近づきアピールしたとか。

トビたん、良かったね。

頭を撫でられて、固まっているトビ男には笑えたけれど。



そして帰ってきて朝ご飯を食べ、裏庭でウロウロしていたトビ男。

ふと見ると、不自然な姿でちょっとかがんで脚をちょび~っと上げている。

ごらぁ~!!! 芝生の上でシッコすんなと言っとるやろが~!!!

用足し

知っているくせに、時々わざとする。

そして駄目だと知っているので、怒られるとダダ~!っと走って逃げる。

とんでもねー野郎だ。


怒って近づくと、イッチョ前に構えて攻撃態勢に入ったりする。

構え


花粉症アレルギーがあるトビ男、春と秋に目やにが出て大変な事になる。
今はちょっとおさまっているけれど、それでも毎日数回拭かないといけない(今朝の↓の写真はまだ拭く前だけれど、今朝はだいぶましで少ししかないな~)。

目の際に小さ~なプツっとしたものがあって(人間だと年をとると女性に良く見られるっていうけれど。母もあったし、私もある。)、それも目やにの原因の一つだと言われたけれど。。。

取り除くのは簡単だけれど、トビ男は麻酔がかけられないので、やめておこうといわれてそのまま。

目薬貰ったんだけれど、怖くて使えない。

前回目薬を貰って、点眼した直後に発作が始まったし。

正面


入院にまでなった重積発作の原因は何なのか、思い当たる事がありすぎて良く分からない。

・8月29日に予防注射の為に病院。

・目薬を貰って点眼開始。

・いつものアレルギー排除用のドライフードが足りなくなったので、前に使っていた穀物入りのフードを混ぜた。

・異常に暑くなって、目に見えて体力低下。

・トビ男の発作の一番の原因サンダーストームが頻繁に起こった。

・大勢の来客があり、興奮気味。

・遊びに来た子供達の残りのサンドイッチ・お菓子等を盗み食いした。

・かーちゃんの精神状態がかなり落ち込んだ。

等、いろいろ思い当たるし、目薬が原因じゃないとは思うんだけれど、やっぱり怖くて使えない。

また大発作が来たら。。。。。と思うと、目やにくらい我慢しようね、ってなってしまう。^^;


穏やかな日々を過ごせている事に感謝しながら、お目目掃除をして過ごす毎日♪







にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。